FC2ブログ
FC2 ブログランキング
オムニチャンネルo2o総合研究所ではオムニチャンネル、O2Oに特化した情報O2Oマーケティングを使用した次世代のビジネスプロデュース等を総合的に研究する研究所です。
プロフィール

ミウラ@所長

Author:ミウラ@所長
オムニチャンネルo2o総合研究所ではオムニチャンネル、O2Oに特化した情報O2Oマーケティングを使用した次世代のビジネスプロデュース等を総合的に研究する研究所です。

最新コメント
月別アーカイブ
研究所スポンサー(1)
研究所スポンサー(2)
お問合せはコチラから

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazonタブレット売れ筋ランキング!
tag

ランキング
専門書、大学教科書、医学書の高価買取サイト
こんにちは。
オムニチャンネルo2o総合研究所 所長のミウラです。


ブログの更新ができず申し訳ありません。
久しぶりに風邪と言いますか、扁桃炎を患ってしまい
毎日熱が40℃を超えております。

現在、抗生物質を飲み安静中です。

ほんと、すいません。

数日内には復活できると思いますので、しばしお待ちください。



スポンサーサイト



2015/10/21 10:13 未分類 TB(-) CM(0)
こんにちは。
オムニチャンネルo2o総合研究所 所長のミウラです。

先日、CEATEC JAPAN 2015に行ってまいりました。
例年のごとく幕張メッセでの開催です。

今年も多くのハイテック企業が出展されていましたが、
個人的には少し物足りない感じでした。

まだまだIOTはB2Bでの物語でB2C向けでは企業が捉えられてないのかな?と
思えるような出展が多かったです。

個人的にはここの技術はすごく好きです。

[広告] VPS


しっかりとスクリーンの背後の商品も見れますし広告が出ている際には
背景に映り込む事もありません。




大型化されたら百貨店に出ている大型垂れ幕広告の代わりに
使えるかもしれません。

この技術を使った商品棚とかも面白そうですね。


うん、これは提案してみたいです(笑)。


2015/10/18 15:56 O2Oマーケティング TB(-) CM(0)
こんにちは。
オムニチャンネルo2o総合研究所 所長のミウラです。


tab

スクリーンショット 2015-10-14-01

は行ってみたい店舗やスポットをクリッピングして共有できるアプリです。

登録した店舗に近づくと通知してくれる機能も備えています。

現在までにクリップ数は400万以上、登録されているブランドや店舗・企業数は330以上にのぼると言われています。


法人向け有料サービス「プレミアムアカウント」の機能の導入店舗は
iBeaconを活用した来店検知「あしあと」機能を利用して
ユーザーの実来店を自動的に検知し、来店回数や
ユーザーの属性情報を分析することができます。
実店舗においては、ユーザーがどういう商品が狙いで来店したのか
どのような特性があるのか、新規なのかリピーターなのか・・・と

ユーザーについては、分からないことだらけです。

自社が描いているユーザー層に基いたプロモーションを
実施されている企業にとっては、実際のユーザーの情報を元に
「狙ったユーザー層が来店しているのか」を分析できるツールとして活用できそうです。




2015/10/15 06:56 O2Oマーケティング TB(-) CM(0)
こんにちは。オムニチャンネルo2o総合研究所 所長のミウラです。

ブックオフ系のハードウエアのみを取り扱う中古品買取&販売を行うハードオフさん。
ネットだとHardーOFFネットモールと言う名で運営されています。



ほしい中古品がどこの店舗にあるのかをECサイトで確認する事ができもしその商品が遠方にある場合は近くの店舗に取り寄せる事が出来ます。
取り寄せた商品を近所のハードオフで見て確認してから購入をする事ができるO2Oサービスを行っています。
中古品販売ならではのO2O施策ですね。
これが新品でも行えるようになるともっと面白いのですが…まだ物流コストの問題が解決しなければなりませんね。
2015/10/14 11:43 O2Oマーケティング TB(-) CM(0)
こんにちは。

オムニチャンネルo2o総合研究所 所長のミウラです。
アメリカで有名な大手ディカウントストアーの

TARGET
Target-logo.gif

最近は日本でも少し海外通のリッチママさん達からも支持を得ています。

日本ではWalMart(ウォールマート)の方が西友の親会社として有名かも
しれませんが、現地ではTARGETも大変有名です。

スクリーンショット 2015-10-13 -01

アメリカ合衆国で売上高第5位のディスカウントチェーンで、ミネアポリス発祥の企業です。
今でも本社はミネアポリスにあります。

全米に約2000店あり現在はゴールドマンサックスに買収されています。

ディカウントストアーは当然、家族層がメインユーザーです。
当初は一般家庭(USの一般家庭ですので日本の一般家庭とは必要としている物が若干変わります)
向けのMDを多く取り揃えていました。

庭を手入れするものやインテリア、大きい袋のお菓子など。
ですが、95年以降、TARGET社は若い子(テーンの女の子)を
メインユーザーターゲットとしターゲットMDを変換してきました。

その為、多くの画像は家族向けの画像、または女の子を主体とした画像が多く見られます。

スクリーンショット 2015-10-13 02

そして女の子のティーンが好きそうなO2O戦略に長けています。

サンプルとしてあげるには少しアレかもしれませんが、

YouTubeのチャンネルがいい例です。

Target Back to School 2015-01


Target Back to School 2015-02


Tiny Animals Go Back to School


この動画の中で共通しているのはおしゃれでファッショナブルだ。という部分です。

最近の日本の子供たちもとてもおしゃれになりましたしスマホを持つ子供も増えてきました。

こういった動画戦略で日本のマーケットも熱くなると思います。


2015/10/13 10:16 O2Oマーケティング TB(-) CM(0)
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
研究所スポンサー(3)
検索フォーム
オムニチャンネルo2o総合研究所のFACEBOOKページ
ブロとも申請フォーム
研究所スポンサー(4)
Amazonビジネス書ランキング
フリーエリア